2/24(土)親子で楽しい自然体験「2017大志の森」第4回B「里山の昔の遊びを楽しもう」を実施しました!

空高く上がる五連凧

季節ごとに開催する「大志の森」も今年度最後の実施となりました。
対象は、小学生の親子です。場所は、兵庫県立やしろの森公園。緑いっぱいの里山公園です。遊具は一切ありません。自然を満喫できる公園です。

「里山の遊びを楽しもう」ということで、五連凧を作って上げました。
講師の先生の「昔遊びと今の遊びの違いは何かな?」という質問に、はい!とみんな元気よく手を上げて答えてくれ、熱心に先生の話を聞いていました。

凧づくりが始まると、親子がチームになって、真剣に取り組みました。
最初に子ども達が凧に絵を描いて、その色塗りは下請けのお父さんやお母さんです。
竹ひごと糸を使っての組立は難しいところもありましたが、どんな風にも負けない丈夫で素敵な五連凧が出来上がりました。

2/24は暖かく快晴で、絶好の凧上げ日和でした。
風の流れを見て、チャンス!とばかりにみんなが一斉に凧上げにチャレンジです。
うまく風に乗ると、みるみる青い空に舞い上がっていきました。

おやつは、石窯で焼いたサツマイモ。
芋は子どもたちで一つ一つ新聞紙にくるんで、水に浸し、アルミホイルで包みました。
おかげで、ほくほくの美味しい焼芋の出来あがり!みんな大きな焼き芋にかぶりついていました。

寒さに負けず、外で思いっきり体を動かして遊ぶのは楽しかったね!

「2017大志の森」にご参加いただき、ありがとうございました。
また来年の「大志の森」でお待ちしています!


  • 五連凧制作の様子

  • 焼き芋美味しいね!

  • 凧上げも親子で楽しく!

  • 世界に一つだけのオリジナルの五連凧

Page Topへ