親子で楽しい自然体験「大志の森」第4回【里山の昔の遊びを楽しもう】を実施しました!

手作りの五連凧が空高く舞いました!

季節ごとに開催する「大志の森」の今年度の第4回 (2/11,25)を実施しました。
対象は、小学生の親子です。場所は、兵庫県立やしろの森公園。緑いっぱいの公園です。遊具は一切ありません。自然を満喫できる公園です。

第4回は、「里山の遊びを楽しもう」ということで、五連凧を作って上げました。
最初に、講師の先生に凧の歴史や、世界の凧のお話をしてもらいました。
珍しい凧を実際に見せてもらい、みんな熱心に聞いていました。

凧づくりが始まると、親子がチームになって、真剣に取り組みました。
最初に子ども達が凧に絵を描いて、その色塗りは下請けのお父さんやお母さんです。
竹ひごと糸を使っての組立は難しいところもありましたが、チームワークのおかげでしっかり頑丈なオリジナルの凧が完成しました。

2/11は、曇りでしたが、風が吹いて絶好の凧上げ日和だったので、
どんどん空高く上がっていきました。
こんな日はめったにありません!

2/25は、晴れでしたが、風があまりふかず、凧上げには向かないお天気でした。。
時々ふく風に、チャンス!とばかりにみんなが一斉にチャレンジです。
それでも、うまく風に乗ると、みるみる青い空に舞い上がっていきました。

どちらも寒い日でしたが、子どもも大人も、寒さに負けず凧上げを楽しんでいました。
冬でも体を動かして外で遊ぶのは楽しいものです。

おやつは、石窯で焼いたサツマイモです。
石窯で焼く前に、子どもたちで一つ一つ新聞紙にくるんで、水に浸し、アルミホイルで包みました。
おかげで、ほくほくの美味しい焼芋の出来あがり!
かじかんだ手にあったかいお芋でした。


  • 講師の先生は、世界の珍しい凧をいくつも見せてくれ…

  • 親子で真剣に凧作りに取り組みました。

  • 子どもだけじゃなく、お父さんもお母さんも凧あげを…

  • 。親子共同作業です。寒さもふきとばしました。

  • 青い空に、五連凧がきれいです。

  • 石窯で焼く芋の下準備です

  • みんなで、新聞紙でくるんで、水に浸し、アルミホイ…

  • 石窯で芋を焼いてくれたのは、公園近くの兵庫教育大…

Page Topへ