H30保育士キャリアアップ研修(兵庫県)を実施します

◆「保育士キャリアアップ研修」◆
ー研修を受講すると処遇改善費の支給もー

平成29年4月、厚生労働省が保育士等キャリアアップ研修の実施について示しました。 保育士としての経験年数などの要件を満たした場合に、所定の研修を受け、技能を習得することによって、キャリアアップができる仕組みになっています。キャリアアップをすることで、処遇改善が受けられることになっています。 ※この研修は兵庫県から指定を受けた研修です。


◆ H30年度兵庫県指定「保育士キャリアアップ研修」◆
 「幼児教育」研修開催決定!

日時:     H31年  1月12日(土)  9:00~18:00(講習:7.5時間)
        H31年  3月2日(土)   9:00~18:00(講習:7.5時間)
場所:    アンビシャスビル 8F大会議室 (神戸市中央区磯辺通4-1-5)
講師:    中原 朋生 先生 (環太平洋大学次世代教育学部こども発達学科教授)
受講料:   10,000円(上記2日分で)
定員 :      50名
申込み方法:  申込書をFAXいただくかもしくはフォーム申し込みにて受け付けます。
        ※11月1日より申込み受付開始(先着順)
         FAX番号:078-262-0871
         フォーム申込み:https://goo.gl/forms/Z8nRgy8BeLwhZ2DT2

※申込受付後、受講をいただく皆様には財団より受講についての「ご案内」を送付いたします。

◆研修についてのお問合せ◆
(公財)こども教育支援財団 神戸事務室 担当:安原
〒651-0084 兵庫県神戸市中央区磯辺通4-1-5
TEL:078-262-0841 FAX:078-262-0871
mail:childcare@kodomo-zaidan.net


◆注目の「幼児教育」研修内容◆

子どもの個性をのばすということで世界で大注目をあび、いち早く幼保一元化を実施したニュージーランドの最新保育カリキュラム「テファリキ」を日本初この研修で学べます
(H30年度日本保育学会第71回大会では、カリキュラム作成者マーガレット・カー教授が基調講演をします。日本の新要領・指針における非認知能力(社会情動的スキル)重視の先行事例です)
子どもの遊びや発想から生み出されたカリキュラムは、0才児から就学前のお子様を対象とした認定こども園、認可外保育所や託児所の指導法にも最適です!

関連ファイルのダウンロード

Page Topへ