5/15(日)「先生の学校」第4回講義、盛況に実施

「小3までに育てたい算数脳~思考力とは何か~」をテーマに高濱正伸先生が、数理的思考力について講義を展開。算数脳(数理的思考力)とは入試で最も差がつく力であり、社会に出てからも最も必要とされる能力であることを具体的な例を挙げて熱く語られました。講義の後半は、受講生に図形、整数問題を解答させながら、図形センスや空間認識力等によって問題の意図を見抜きながら解答に至るためには論理力や要約力・精読力が必要なことを力説されました。受講生は一応に算数脳の必要性を強く実感されたようです。次回は平成28年7月24日(日)14:00~16:00で「障害児教育~困った子とは」です。


  • 当財団理事長より挨拶

  • 講義風景

  • 講義風景

  • 講義風景(論理力を問われる問題を解答中)

Page Topへ