親子で楽しい自然体験「大志の森」第2回【森のいきものをみつけよう】を実施しました!

暑いなか、一生懸命ザリガニを捕りました。

季節ごとに開催する「大志の森」の第2回を実施しました。
対象は、小学生の親子です。場所は、兵庫県立やしろの森公園。緑いっぱいの公園です。遊具は一切ありません。自然を満喫できる公園です。

第2回(7/23、8/27)は「森の生き物をみつけよう」をテーマに、公園で生息・飼育しているカブトムシの観察と、池の生き物をみつけました。
メインは、アメリカザリガニ。日本には生息していなかったはずのアメリカザリガニが増えすぎて、今では池などの生き物を食べ尽くしてしまいます。
そこで、出来るだけ多くのアメリカザリガニを捕獲しようというわけです。

子ども達と保護者の皆さんのおかげで、暑い中、たくさんのアメリカザリガニを捕ることができました。最初は素手で触れなかった子ども達も、捕るのに集中して抵抗がなくなったようです。
捕獲したザリガニ達の命は無駄にはせず、公園の田んぼをきれいにしてくれるアイガモのエサになったり、幼稚園や保育園、研究施設に送られます。
アイガモには、子ども達が直接あたえました。
これでまた命はつながりました。
自然のバランスが崩れると大変になるということ・・、生きたザリガニを触って感じてくれたかな。


  • 先生の話を熱心にきく子ども達。カブトムシが登場し…

  • 6月に植えた芋が、イノシシに食べられていました。。…

  • 休憩のあいだ、田植えをした田んぼを眺めていました…

  • なにがとれた?ザリガニは大きいの? 色々とって会…

  • アイガモにザリガニをエサとしてあたえました。かわ…

Page Topへ