子ども作文コンクール

3

子ども作文
コンクール

募集期間 これまでにお世話になった先生のことを思い出して書いてみよう!
2021年3月15日(月)~5月11日(火)

募集作品の
テーマ

「わたしの先生、ぼくの先生」

先生に対する素直な思いを書いてみよう。

学校の先生はもちろん、
あなたが「先生」と思う人のことなら
誰でもOKです!

習い事の先生 塾の先生 身近なあの人も先生かも! 学校の先生

コンクールのねらい
自分の思いを文章にして誤解なく相手に伝える能力は、子ども達が生きていく上で、あらゆる場面で必要になるとても大切な能力です。このコンクールは、子ども達の書く力・伝える力を育み、子ども達がこれまでに出会った、自分にとってかけがえのない存在である「先生」について、素直な思いを表現する機会となることを願い、2019年度から開催しています。
審査委員長メッセージ
私たちは生きている間に、実にたくさんの「先生」に出会います。先生たちは単に勉強を教えてくれるだけでなく、生きていく上で大切なたくさんのことを教えてくれます。学校の先生に限らず、塾の先生、習い事の先生、親戚のお兄さんやお姉さん、先輩から多くのことを学び、私たちは生活しています。
私たちこども教育支援財団は、そういったかけがえのない存在である「先生」たちに対する素直な気持ちを表現する機会として、「子ども作文コンクール」を実施しています。作文を書くことを通じて、皆さんは、自分の心の奥底にある気持ちと深く向き合うことになるでしょう。そして、それを作文に表現していく過程で、必ず人間としての大きな成長があるはずです。
それらの作文は、様々な場所で活躍されている先生方への励ましのメッセージにもなることでしょう。そして、そのメッセージを受け取った先生方が、次の世代の子どもたちを導き、新たな「先生」へと育てていくのです。
ぜひ、自分がこれまで出会ってきた「先生」たちのことを思い出しながら、大切な「先生」のことを作文に書いてみてください。
皆様からの素敵な作品をお待ちしております。
こども教育支援財団理事長 第1回作文コンクール審査委員長 大橋 博

こども教育支援財団理事長
第3回子ども作文コンクール審査委員長
大橋 博

募集対象

全国の小学生・中学生
海外の小学生・中学生の応募もお待ちしています!

※2021年4月時点の学校名・学年でご応募ください。
【例】
  • 2021年3月時点で年長→2021年4月時点で小学1年生なので、小学1年生として応募してください。
  • 2021年3月時点で小学6年生→中学1年生として応募してください。
  • 2021年3月時点で中学3年生→中学を卒業されるので残念ながら対象外です。

※作品は日本語でお書きください。

賞の内容(各賞の内容及び数については変更されることがあります。)
賞は、小学生低学年(1~3年生)の部、小学生高学年(4~6年生)の部、中学生の部の3部門にそれぞれお贈りします。
最優秀賞(理事長賞)(各部門より1点ずつ) 賞状、トロフィー、副賞
学研賞(各部門より1点ずつ) 賞状、メダル、副賞
入賞(各部門より数点ずつ) 賞状、副賞
海外賞
海外からの応募作品に贈られる賞です。
賞状、メダル

応募者全員に参加記念品をお送りします。

理事長賞受賞作品の紹介

小学1~3年生の部

「おかあさん学校」

休校中におかあさんに勉強を教えてもらった思い出をつづった作品。おかあさんへの感謝の気持ちやこれからの勉強に対する意欲が小学生らしい言葉で表現されています。

小学4~6年生の部

「ドーナツ」

周りの意見を受け入れようとせず、ぽっかり穴の開いた「ドーナツ」のようだった自分が、担任の先生の一言で変わっていく様子を、巧みな比喩表現でつづった作品です。

中学生の部

「祖父は、先生」

幼いときから一番身近にいて、子どもの目線で様々なことを教えてくれた祖父という「先生」との思い出が色鮮やかに描かれた作品です。

このほかにも、ピアノの先生との授業の思い出、自分の行動に自信が持てるようになった校長先生の一言、休校期間中に気付いた学校生活の温もり、野球チームの監督からもらった数々の言葉、異例だらけの卒業式の中で自分の感情と向き合ったこと、SNS炎上に正面から向かい合ったコラムニストの先生の姿、離任する先生の忘れられない一言など、「先生」や「学校」に対する思いがたくさん集まりました。

※過去の入賞作品はこちらのページからご覧になれます

募集要項はこちら

作文の書き方

1まず、これまでにお世話になった先生のことを思い浮かべてみよう
  • 担任の先生、体育や音楽や保健の先生、クラブや部活の顧問の先生
  • 塾の先生、家庭教師の先生、スポーツやピアノなどの習い事の先生・・・
あなたが「先生」と思う人なら誰でもOKです。
2その先生への思いを書きだしてみよう
  • 入学して不安な気持ちのときにやさしく声をかけてくれた
  • 勉強でわからないところをわかるまで丁寧に教えてくれた
  • 部活で厳しく指導されたけど、いま思えばそのおかげで強くなれた・・・
まずは箇条書きやメモしてみよう。
3素直な思いを作文にまとめよう
  • 具体的なエピソードを入れて書いてみよう
  • そのとき感じた気持ちを素直な言葉で書いてみよう
原稿用紙に清書するときは、作文を読む人のために、丁寧に書くようにしよう。
字は大きめ、濃いめに書こう。(字が読めない作文は審査できません)
4完成したら、うまく書けているか確認しよう
  • 声に出して読み上げてみよう
  • 伝わりにくいところがないか確認しよう
  • タイトルは作文の内容をうまくまとめたものになっているかな?
    タイトルも作品の一部です。しっかり考えよう。
    (作文が完成してから考えてみると良いかもしれません)
気になるところがあったら直して、よりよい作品に仕上げよう。
作文用紙と鉛筆のイラスト  作文を書く女の子のイラスト

「作⽂の書き⽅」をわかりやすく動画にまとめました!

※動画は「基本編」と「応用編」の2種類あり、続けて再生されます。

流れのロゴ 募集~コンクール終了までの流れ

  • 応募
  • 審査
  • 受賞者
    決定
  • 表彰式
  • 受賞作品
    の公開

※審査は8月終了を予定しています。審査終了後、受賞者には受賞のご連絡をいたします。

※そのほかの方については記念品の発送をもって結果の発表に代えさせていただきます。
(記念品は12月頃の発送を予定しています)

審査委員長・審査委員(50音順・敬称略)

審査委員長 大橋 博(こども教育支援財団 理事長)
審査委員 内田 伸子(環太平洋大学教授・お茶の水女子大学名誉教授)
おおたとしまさ(教育ジャーナリスト)
長谷 浩也(環太平洋大学次世代教育学部 学部長)
松木 正子(元十文字学園女子大学教授)
審査協力 IPU・環太平洋大学

表彰式のロゴ 表彰式  ※毎年11月下旬に開催します。

第3回子ども作文コンクールの表彰式は、2021年11月に開催予定です。
式では受賞者に作文を朗読していただきます。審査委員の講評も発表されます。
※オンラインで開催する場合があります。

表彰式ページはこちら

表彰式の様子表彰式の様子表彰式の様子

※2019年度の表彰式の様子

募集要項はこちら

Page Topへ